人気のTシャツ

短いトップスの女性

「Tシャツ」は当初、下着として着用されていました。それを、第二次世界大戦の復員学生が上着なしで着続けたため、アウターとして定着しました。アウターとして定着した後、アメリカの大学でスポーツ着として貸し出し、学生たちがきちんと返却できるよう番号をTシャツにプリントしたのがプリントTシャツのきっかけと言われています。これが、一般の間に人気となり、宣伝のため企業ロゴを入れたTシャツが作られるようになるなど、一種のコミュニケーションツールとして発展しました。現在では、パソコンで簡単にデザイン制作ができ、そのままTシャツにプリントすることができるため、サークルや学園祭のクラスTシャツとして幅広く作られるようになりました。

クラスTシャツはサークルメンバーなどでおそろいのデザインのTシャツを作って着用することで、仲間意識を高める役割があるとともに、自分の好きなデザインをプリントすることができるため、オリジナリティーが強く、個性を出すことができるものです。そのため、今後のクラスTシャツは、色、文字のフォントなどの種類が多様になり、他のどこにもないオリジナリティー溢れるTシャツが制作できるようになると思われます。また、現在クラスTシャツの作成は、デザインを企業へ送り、Tシャツへのプリントアウトはほとんどがその企業が行うという形であるが、クラスTシャツの普及が進むと各家庭で手軽にTシャツにプリントできるプリンターが普及するであろうと思われる。